ヨガで自分の「役割」から解放されました!

今日のヨガの授業後、

入会されて間もない60代女性Aさんと、

入会されて3年目を迎えた

同じく60代女性Bさんが

会話をしていました。

Aさんは、仕事も家事もしながら

週末は旦那さんの親の介護を

しています。

でも

Aさんは定年まで働いて

定年後

家にいることが増えると

仕事がなくなった分

親の介護をもっと自分でできるようにした方が

いいのではないかと思うようになったんですが…

それに対してBさんは

「せっかく定年まで働いて

自分の時間が持てるようになったのに

これ以上背負わなくていいですよ。

私はヨガをするようになってから

妻として

旦那の世話せないかんとか

家族として

親の面倒見ないかんとか

〜しないといけない、という思いに

あまりしばられなくなりました。

今までお仕事よくされました。

旦那さんも今のままでいいって言ってるなら

このままがいいですよ。」

と話していました。

今まで頑張って生きてきた方は

頑張ることが当たり前になりすぎていて

少しでも余裕ができたり

休める状態になったりしても

すぐにのんびりできない場合があります。

休めることに対して

罪悪感や不安な気持ちに

なってしまいます。

「こんなに休んでいいんだろうか」

「何もしないで家にいるなんて

 なまけている」

「仕事をしていないんだから

 家族のためになにかしなくてはいけない」

という思いになっていませんか?

そんなあなたは

「女性の役割を終える時」です。

母としての役割

妻としての役割

いつの間にか背負っていませんか?

負担にしていませんか?

思わなくていい思い

しなくていい仕事、

やめることをしてみませんか?

ヨガをすることで

自分の体と向き合う

自分の体を感じる時間を作りませんか?

ヨガを始めることで

今までの役割から解放されて

もっと自由に楽に生きることが

できるようになります。

自分の体が変わることで

気持ちも楽になり、

家族との付き合い方が変わりますよ。